2009年09月04日

何をもって、何を根拠にパチンコをしていますか?

何をもって、何を根拠にパチンコをしていますか?

何をもって、何を根拠にパチンコをしていますか?

全ての物事には、そして勝負事には「理由があって結果がある」ということは言わずもがなと思います。

もしですね。

あなたが
パチプロ光基 パチンコTPG打法U



 ・「裏ワザ的」なものが効果があると思っている。


 ・パチンコ雑誌を読みあさり一台一台のデーターをくまなくチェックする。


 ・一ヶ月、一週間などホールのイベントをチェックする。


 ・ホルコン操作を警戒し大当たり台の間隔を直感的に調べている。


 ・スタートチャッカーの釘が開いているものだけを見て台を選んでいる。


 ・最近大当たりで爆発した台を狙って打つ。


 ・大当たりをしている台の近くを選ぶ。


 ・店員の動きや店長、マネージャーの動きをみて出そうな台を予想する。


 ・大当たり状況など個々の台の情報を収集し独自の方法で台を選ぶ。


 ・今日のラッキーナンバーや気になった番号で座る台を選ぶ。


 ・テレビのCMをみて優良店だと思い大手チェーン店に行く。


 ・ネットにあるパチンコブログなどを見て、それを実践しに行く。


 ・毎日ホールに行き直感的に出玉や台をチェックしにいく。


 ・攻略会社の広告や雑誌で調べる。




このようなことばかりやっていたとしたら勝利とはほど遠い結果となってしまうでしょう。

今すぐに止めてください。

実はパチンコで勝つためにはあることを知らなければならないのです。

それが。







パチンコで勝つためにはまず、その「構造」を知ることが先決です。

「構造」と書くと難しいイメージがあるかもしれませんがそんなことはありません。

あなたも人生で様々な「構造」にあってきた事でしょう。

近い意味で言えばルールがそれに当たります。

トランプや将棋、ゴルフなどのルールと同じことです。

他のギャンブルやスポーツにはたいがいルールブック等があるのに、パチンコだけは見たことない(くだらないものは沢山ありますが)

まあ、それは兎も角、分かりやすいように「一例」を会話文で紹介しましょうか。




A:光基さん勝ちましたよ今日は35,000円勝ちました。


私:そうかよかったね 今からどこかに行くの?


A:今からもう一軒ホールに行こうと思ってます。財布も余裕だし、今日は運がいいのでw


私:ところで今日いくら使った?


A:えっと〜エヴァで1万、北斗で1万、最後に海で5千円・・・


私:確か、昨日は負けたんじゃないの?


A:まぁ〜でも今日取り返したし・・・


私:1ヶ月のトータルでみてたらどうなの?プラス?マイナス?


A:マイナスです・・・





このお話でもわかるように(単純な話しですがよくこの光景をみます・苦笑)人は勝ったことしか覚えていません。

ホールの営業とメーカーの演出にはまり自分が見えなくなっている。

「あのフラッシュがたまらない。」

「あの演出が忘れられない。」

実はこれが最近問題となっているパチンコ依存症でもあり、負けの原因にもなってます。

ドル箱を積むことにより多勝ちしたと思われる錯覚。

つぎ込んだものを取り戻そうと思う気持ち。

しかし、いくら投資して大当たりを引いてもパチンコというのは法律の上、絶対に大勝できないシステムになっています。

ゴトなどの違法行為をしない限り、出玉数から大当たり数まで全てが規制されています。

事実、大当たりの多い台や出玉の多い台は規制により撤去されていますよね。








「低額投資」「利益率アップ」しかありません。


大金をつぎ込んだから大勝するわけではありません。

競馬や競艇など他のギャンブルのように掛け金によって配当が変わるわけではありません。

つまりいかに低額投資で大当たりを引くかが勝利の要になるのが分かると思います。

では低額の投資で利益率をアップするにはどうするか。

その答えは


当たるタイミングのときだけ、必要な数だけ打てばいい。


つまり闇雲に良台を探すのではなく、あとどれぐらいで出るかがわかれば低額投資ですむということ。

それまでの間は他の人に打ってもらう。

道徳的な部分では問題のある発言とは思いますが…勝負とはそうゆうものです。

これがハイエナ打法 お座り一発打法の重要なポイントです。

では、次に。

以下の件についてお話したいと思います。
パチプロ光基 パチンコTPG打法U
posted by パチプロ at 21:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
王道パチプロ理論
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。